家庭で作るたこ焼きレシピたこ焼きの歴史 > 1935年頃のたこ焼きの歴史

1935年頃のたこ焼きの歴史

1935年頃のたこ焼きの歴史

1935年(昭和10年)、明石焼がタコ・ 鶏卵を入れていたことから影響を受けてタコや鶏卵を入れるようになったそうです。この頃から、名称も現在と同じ「たこ焼き」 と呼ばれるようになりました。

スポンサード リンク

1935年頃のたこ焼きの歴史

明石焼きとは玉子焼のことで、卵の比率が多いたこ焼きを木の台の上に並べて、薬味にみつばを使いて、 お客さんが出汁につけながら食べるものだそうです。兵庫県明石市では明石焼きと言わず、玉子焼と呼んでいます。

たこ焼きは明石焼に影響を受けて出来た食べ物だったのですね。

たこ焼きは言葉であらわすとたこ焼きですが、文字にしたときのたこ焼きはいったいどれが本来のたこ焼きなのでしょうか?

  • たこ焼き?
  • たこ焼?
  • たこやき?
  • タコヤキ?
  • タコ焼?
  • タコ焼き?
  • 蛸焼?

私は「たこ焼き」かなーと思っているのですが、皆さんはいかがでしょうか?一番おいしそうな感じがしませんか?それと、 アメリカ人の方は「TAKOYAKI」でしょうか?「SUKIYAKI」 みたいに。

海外でのたこ焼きは台湾や香港、中国、韓国と少しづつ広まってきています。この調子で世界中にたこ焼きが広まっていってほしいですね。

スポンサード リンク

検索

Google

基本的なたこ焼きレシピ

たこ焼きレシピの下準備

面白たこ焼きレシピオリジナル

たこ焼きを知る

たこ焼き試食レポート

運営者と相互リンク集

最終更新日⇒2011年08月25日
copyright(c) 2007-2008 家庭で作るたこ焼きレシピ All Rights Reserved.